【投資格言】| "頭と尻尾はくれてやれ"を分析

f:id:C4tlW:20200920105256p:plain

 

こんにちは!!ブログお金に縛られず生きる道の管理人のH.Hです。今日は投資格言について分析していきたいと思います。

 

投資格言は先人が残してくれた知恵だからね…

 

 

この格言の意味は??

f:id:C4tlW:20200920104423p:plain

 

投資家心理としては「最安値で買い、最高値で売る」これを実現したいですよね。
 
しかしながら底値で売って天井で売るのは、ほぼほぼ不可能です。
 

買うときも売るときも少しは余裕を持っておく。強気にも弱気にもなりすぎてはダメという意味です。

 

つまり感情で動いてはダメだ。そういったことを表した投資の格言が"頭と尻尾はくれてやれ"ということばです。

 

”売りも買いも8分目”と同様の意味ですね。

”腹8分目”と言えば身近に感じる方も多いと思います。

      

そもそも最安値で買える??

f:id:C4tlW:20200920104316p:plain

 

株の投資では最安値で買って最高値で売るのが理想であり誰もがそうしたいはずです。

 

そしてそれは株式投資の大原則であるとも言えるでしょう。単純な話そうすれば儲けは出るはずです。

 

また株を実際に買うとき割安か割高かは年高、年安で判断することもあると思います。

 

しかし、現実問題最安値で買って最高値で売るのは無理な話です。相場を完璧に読める人なんてこの世の中にはいませんよね。

 

管理人もですが値上がり値下がりを狙っていると売り時・買い時を逃すなんてことも多々ありました。

        

思うのと実際に買うのは別問題

 

管理人もチャートを分析してみてこの株上がりそうだから買おうかなと思うことそして銘柄をメモしておくなんてことは何度もあります。

 

皆さんもあるのではないでしょうか??

 

ただ感じたことは思うことと実際に買うのはまったく違うということです。

それは例えるなら

 

 

日本とブラジルくらい距離があります

 

 

すいません面白くないですね…笑笑

 

ただ本当にそれくらいの距離がありかけ離れていることだと思っています。

 

 

まとめ

 

頭と尻尾はくれてやれ管理人も売買していると感じますがやはり安値で買って高値で買うというのは難しいです。

 

少し利益は他人に譲ろう経済を一緒に回して行こう。そんな心理的な余裕があれば誰もがwin-winになり投資はギャンブルではなく人生を豊かにする。

 

最高のコンテンツになると確信しています!!

 

回転寿司に行って皿の色を気にしないレベルくらになりたい…

 

回らない寿司で大トロ食べたい

 

関連記事です

 

バビロンの大富豪7つの教えを分析してました。紀元前から変わらぬ法則です。

hh-investor.com

 

決算書に書いてある利益についてわかりやすく意味を説明しています。

hh-investor.com

 

では(^O^☆♪