【 最新版 】簿記2級ネット試験の感想と対策

管理人
管理人

こんにちは!!ブログマネちる.comの管理人のよしです。

今回は簿記2級ネット試験を受けてきた感想や注意点、70点の合格点を取るコツや時間配分についてまとめていきたいと思います。

昨年末から日商簿記検定3級、2級のネット試験が解禁されました。コロナ禍において試験を中止してしまったこともありネット試験が導入される形になったのではないかと思っています。

この記事では私が実際に体験したことをまとめています。みなさんにネット試験の様子がどんな感じかニュアンスが伝われば良いなと思っています。

今回の記事でわかること
  • 簿記3級・2級のネット試験の様子
  • 簿記2級のネット試験合格のコツ
  • 簿記2級の勉強方法

まず持ち物ですが免許証等の本人確認ができるものがあれば手ぶらでも問題ありません。

試験を予約して支払いが完了すると登録したメールアドレスに試験の詳細が書かれたメールが来ます。しっかり読んで確認してみてください。

ではこれから実際に日商簿記検定2級のネット試験を受けた感想と試験対策について確認していきます。

その他にもみなさんが疑問に思うことをまとめた記事になりますのであわせてお読みください。

パソコンの使い方

一般論としてパソコンのTabキーなどを有効利用しながらできるだけ早く問題を解いていったほうがいいです。

Twitterなどで簿記のネット試験の感想を調べてみると多くの方が時間が足りてないようです。

普段からお仕事などでパソコンを使い慣れている方は問題ないかもしれまん。しかし、そうでない方はTabキーや数字を打つ練習ある程度しておいたほうがいいかもしれません。

これらのキーを有効利用することでかなりの時短になる可能性があります。パソコンを使いなれてない方は紙の試験の方がおすすめです。

管理人
管理人

パソコンが使えない人は受験をおおすすめしません。

簿記2級ネット試験の感想と対策

問1:5つある仕分問題を得点源にする

5つある仕分の中で最低でも4つは正解したいところです。財務諸表の問題などはひとつ間違えてしますと全ての答えがずれてしまい致命傷になりかねません。

しかし同じ配点にも関わらず仕分は基本的な問題が多いです。部分点がなく完全解答しなければならないので凡ミスをしないように注意しないといけません。

実際に私が受けたネット試験ではどれも参考書で1度は見たことあるような仕分ばかりでした。5つとも正解することができ大きな得点源にすることができました。

問2:時間がかかる可能性があるが部分点狙いでもOK

時間がかかる問題が出る可能性が高いのが問2だと思います。私の場合は株主資本等変動計算書の問題が出ました。

実際に自分でいくつか仕分をして、それらの仕分けを利用して株主資本等変動計算書に記述していきました。

株主資本変動計算書は簡単な概念ではありますが計算のズレなどが生じやすい問題であると私は思っています。

また紙ではなくパソコンでの受験なので直接書き込むことができないため何度も何度も確認しなければならず他の問題に比べ時間がかかってしまいました。

問3:財務諸表の一連の流れを理解する

問3の問題は一般的な財務諸表の流れがを理解していればそれほど時間がかからず解ける問題だと思います。

私の場合は10個程度の仕分を作成し、それらを損益計算書にまとめて最終的な当期純利益を出す問題でした。私が解いた問題では損益計算書の作成だけで貸借対照表の作成はありませんでした。

仕分をする中で損益計算書に記述する部分だけを解くことによって時間の節約をすることができました。

これだけ聞くと簡単そうに見えますが簿記2級で新たに出てくる税効果会計や外貨取引などの論点をしっかり理解しておく必要があると感じました。

みなさんも問題演習を通して感じていることだと思いますが仕分の小さなミスで損益計算書の解答のズレにつながり得点源にならない可能性があります。

先程の話に戻りますが基本的な仕分けの理解は必須です。

問4:3問の仕分を確実に得点源にする

問1と同様に最初の3問は仕分の問題が出題されます。この仕分の問題は基礎的な問題が出題され得点源になると思います。

何度も見直して確実に点を獲得できるようにしましょう。問1・問4の仕分を8問全て正解することができれば32点獲得することができます。

そうすれば残りの工業簿記の論点や問3で出題される財務諸表の論点を7割程度できれば合格間違いなしです。

問4で仕分以外に出てきた問題は総合原価計算の問題でした。これも参考書の例題レベルの問題で5分〜10分程度で終わる簡単な問題でした。

問5:計算ミスに気をつけて満点を狙う

最後の問題の問5に関しても得点源になると私は考えています。実際に出た問題は参考書の例題レベルの問題でした。

問題内容は標準原価計算の論点で何度も出題されている差異分析の問題でした。その中でもより基礎的な論点だったと私は思っています。

ボックス図を書いて計算した数字を使い、さらに問題文に提示されている数字を用いて労務費や材料費の差異分析をする非常に簡単な問題でした。

理想的な時間配分について

順番通り問題に解く必要はない

これはあくまで個人の考えですが私は問題演習や事前に調べた情報をもとにまず問1・問4・問5の3題の問題に取り組みました。

その後、問2・問3の時間のかかる問題に取り組んでいました。

実際に問題を解き終えるだけなら90分の試験に対して1時間ほどですべての問題をの解答を記述することができました。

メンタル面でも問2・問3は後回しがいい

時間配分の面だけではなくメンタルの面からも順番を変えて解く方が良いと思います。

問1・問4・問5の問題は基本的には問題の量が少ないため独立した論点のため早く解くことができます。

問2・問3の問題は量が多いためどうしても他の問題と比べるとどうしても時間がかかってしまいます。

落ち着けばできる問題も残している問題があると思うと焦って計算ミスにつながってしまう可能性があります。

このような点からも問2・問3は後回しの方が良いと考えます。

時間配分のイメージ
  • 問1
    10分程度で丁寧に解き、満点を狙う
  • 問4
    10分程度で解き、3問の仕分は得点源にする
  • 問5
    10分程度で解き、計算ミスに気をつけて満点を狙う
  • 問2
    問題や得意不得意にもよるが部分点狙いでもOK!
  • 問3
    仕分でミスをせず、財務諸表の解き方の流れに沿う

まとめ:合格するまで受けてみよう!

実際に紙の媒体の過去問を解いた時とネット試験の場合の難易度は圧倒的にネット試験の方が簡単だったと思います。

PC上に書き込むことができない以上どうしても簡単な問題が出やすいのかもしれません。

ネット試験では問題用紙に書き込むことができません。そのため複雑な問題は時間内に解くことが難しく難問と言われるような問題は出ない可能性が高いです。

しかし基礎が固まっていない段階で受けるとまず合格することはできません。凡ミスをして完全回答ができない場合も合格点に達しない可能性が高いです。

これらのことを意識すれば必ず合格することができると思います。

私は合格することができなくても問題との相性もあるので合格するまで受ければいいと私は思っています。

受験料がかかってしまうのがデメリットですが勉強した成果が形として残る事はモチベーションアップにもつながり今後の人生の糧にもなると思います。

諦めずにチャレンジしてみてください。

ネット試験の合格のポイント
  1. 凡ミスをしない
  2. 基礎をしっかり理解しておく
  3. 時間配分を事前に考えておく

最後に私が使用していた電卓とおすすめの参考書を紹介しておきます。

私はクレアールと市販されている参考書を使っていました。

クレアールの資料請求をすれば授業風景や料金などを確認することができます。ネット試験の対策もあり、3級・2級セットなら3万円を切る値段で受講できてコスパ最強です。

資料請求はもちろん無料です。体験授業を受講することもできます。とりあえず資料請求してみてください。

クレアール

長年の受験指導のデータに基づいた「試験に出やすい」「試験に出る可能性がある」範囲、すなわち基本をしっかりと押さえれば簿記検定試験は合格が可能です。クレアールの映像講義は1回につき1単元の「単元別講義」で行われています。単元の内容に合わせて1単元30分から多くても60分で完結するコンパクトな講義です。

資格の大原

⼤原の合格実績・就職実績を⽀えているのが、⼤原の講師陣です。毎年の本試験傾向などを分析し、短期合格に必要なものは何かを追究しています。⼤原の講師陣による分析⼒・開発⼒が、教材・カリキュラム・講義・合格指導に活かされています。

また簿記検定において電卓は必須です。自分に合う電卓を見つけることが合格につながる可能性もあります。

私は楽天でお買い物マラソンに参加した際に安く購入しました。極端に安いものを買うのはおすすめしません。安物買いの銭失いになる可能性が高いので注意です。

サイズは大きくもなく小さくもないありません。機能面も一切問題はありません。もちろん電池は不要の電卓です。

▼おすすめの電卓

 

▼おすすめの参考書

これらの参考書はどこの本屋にも置いてある有名な参考書です。ぜひ手に取って自分にマッチするものを購入してみてください。

商業簿記

工業簿記

試験のよくある質問もまとめましたので一緒にご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました